ISE-BOOK NEWS

伊勢出版の制作物について
色々な人がレビューします。

  1. HOME
  2. ISE-BOOK NEWS
  3. 【体の不調は1日50秒の筋トレですべて解決できる】で自分史上最高の体に!!

【体の不調は1日50秒の筋トレですべて解決できる】で自分史上最高の体に!!

突然ですが、体の不調を感じてはいませんか?
腰痛、肩コリ、むくみ、冷え性、ぽっこりお腹…など現代人のほとんどが様々な体の悩みを抱えています。
私も慢性的な肩コリと腰痛に苦しみながら、日々生きてきました。
それらを解決するためには運動して痩せなくてはならないのはわかりきっているんですが、何しろ運動が苦手、肩コリと腰痛のコンディションの悪さ、そして今更やったってのネガティブ思考の3本の矢が全く折れず、ここまでズルズルと改善することを放棄してきました。

そんな半ば諦めていた時に出会ったのがこの本【体の不調は1日50秒の筋トレですべて解決できる】です。

私のように「今さらやったって…」と、運動を始める事を遅いと思っている方にぜひ読んでもらいたい本です。
見た目も体調も若返る筋トレで自分史上最高の体になりましょう!

疲れやすいのは年齢のせいにあらず!筋力の低下が疲れの要因!?

若い頃とくらべて疲れやすくなった、息が上がるといった体力の低下を加齢によるものと考える人は多いと思います。しかし加齢は、体力の低下をもたらす一要因でしかなく、一番の原因は「筋力の低下」なんです。

体力は「筋力」「筋肉の柔軟性」「心肺持久力」3要素で構成されています。

筋肉は使われないとどんどん衰えていって、1日何もしないと3.5%も筋肉が萎縮して、筋肉量が減少してしまうんです。びっくりですよね。

筋肉の柔軟性にも同様で、使われないと血流が悪化して固くなってしまうんです。

筋力が低下して、筋肉の柔軟性が失われると、運動が億劫になって、心肺持久力の衰えを招きます。はい、ここまでまるっきり私のことです。
そしてこの悪循環は最悪、寝たきり状態を引き起こしかねないのです。

つまり、体力の衰えを感じたなら、加齢を嘆くのではなく、筋トレを行い、筋肉量をアップさせることが何より大切なんです。

ダイエット、体型の悩みは有酸素運動よりも断ゼン筋トレが効く!?

健康的に痩せる最も効率のいい方法は、基礎代謝を上げることです。
基礎代謝は、生命活動を持続するための身体機能ですが、1日に消費するエネルギー割合の内、実に約60%が基礎代謝によって消費されています。
基礎代謝量は、平均で男性が一日1600キロカロリー、女性が1400キロカロリーと言われています。
消費カロリーは、体重×動いた距離で計算できるので、仮に70キログラムの人が5キロ走ったとしても、350キロカロリーしか消費されないんです。
これをみたら、有酸素運動よりも基礎代謝量を上げるほうが、効率よくカロリーを消費する近道であることがわかります。

じゃあ、基礎代謝量を上げるにはどうすればいいのか。
その答えが「筋トレ」です。

筋肉量が増えると、基礎代謝量も増え、勝手に脂肪が燃焼していきます。
有酸素運動は一時的に脂肪を燃焼させるのに有効ですが、長い目で見ると、筋トレで基礎代謝を上げるほうが効率がいいです。

体の回復力を上げる筋トレで疲れ知らずの肉体に!?

心身を回復させるのに重要なのが「睡眠」です。

緊張やストレスの多い生活は自律神経のバランスを崩し、睡眠の質が落ちて、寝ても疲れが残ってしまいます。

そこで、筋トレやストレッチを行うと、自律神経のバランスを整えることができます。
自律神経は、体をアクティブにする交感神経と、リラックスさせる副交感神経の2つで構成されています。
交感神経の高まりはストレッチで抑えることができ、体が夜モードになって、ぐっすり眠れるようになります。
また、日中筋トレをすると、セロトニンという神経伝達物質が分泌されます。セロトニンは精神に安定をもたらすホルモンで、夜が近づくと、睡眠に関わるメラトニンという物質を増やす作用もあります。
つまり、筋トレをすることで、セロトニンやメラトニンの分泌量が増えて、快眠効果が期待できるんです。

遅すぎることなんてない!誰にでもできる筋トレで不調にグッドバイ!

「筋トレ」って効くとゴリゴリマッチョな人がうめき声を上げながら重いバーベルを上げ下げする超キツイものってイメージをずっと持っていました。
でもこの
【体の不調は1日50秒の筋トレですべて解決できる】で紹介されている筋トレはどれも短い時間で、自重でできる「誰にでもできる筋トレ」です。

なぜ不調が起こるのかを理解して、その改善のための筋トレと思うと毎日続けられます。
1日50秒で、見た目が変わり、体調が変わり、生活が変わり、人生が変わるかもしれません。

自分史上最高の体へ、スタートを切るのは「今」なのかもしれませんよ。

画像をクリックするとAmazonページに飛びます!

ISE-BOOK NEWS

ISE-BOOK NEWS一覧