ISE-BOOK NEWS

伊勢出版の制作物について
色々な人がレビューします。

  1. HOME
  2. ISE-BOOK NEWS
  3. 『マンガ「獄中面会物語」』で知らなかった事実に驚愕!

『マンガ「獄中面会物語」』で知らなかった事実に驚愕!

いろんな本を読んでは感想を述べさせていただいている、よむよむライターの太田ウシ美です。

普段は「浅草橋を歩く」という地域メディアにて、浅草橋界隈の飲食店のレビューを執筆しています。

ここでは私が実際に読んでハマった、おすすめの書籍を紹介していきます!

日々、色んな凶悪事件が発生している現在。
ニュースでは「懲役○年」とか大雑把なことしか報道されませんよね?
しかし、事件には必ず背景があり、なぜ起きてしまったのかを考えなければ今後、凶悪事件は減らないのでは?と私は思っています。

「凶悪事件の犯人は昔から恐ろしい人だったのか?」
「事件は何故起こってしまったのか?」

伊勢出版制作の【マンガ「獄中面会物語」】を読めばこの疑問が解決するかも知れません。

この漫画を読んで目を背けてはいけない凶悪事件の真実を解き明かしてみませんか?

【マンガ「獄中面会物語」】の魅力

この【マンガ「獄中面会物語」】の魅力は「リアル」だと思います。

原作者の片岡健さんが実際に死刑囚と面会して、会話した内容がマンガで紹介されています。凶悪犯の印象や、文通の内容など、こと細かに紹介されており報道では知ることの出来ない「リアル」な凶悪犯を知ることが出来ます。

そして、マンガで書いてあるため、内容がすっと入って来ます。
怖くて生々しい事件だからこそ、漫画の方が読みやすく内容が理解しやすいでしょう。

知らなかった死刑囚の真実

私が実際に読んでみて、中でも印象的だったのが「上田美由紀死刑囚」のマンガです。
この「上田美由紀死刑囚」はなんと6人もの男性を殺害しています。
すごく綺麗なわけでもスタイルが良いわけでもないのに、なぜ6人の男性は上田美由紀死刑囚に惚れてしまったのか?
事件の背景とともに詳細な漫画で、わかりやすくこの事件を紹介してくれています。

実際の文通の内容や面会時の対応などを見ていると、凶悪事件を起こした犯人には見えませんでした。

「普通の人」と「凶悪犯」は表裏一体なのかも知れませんね。怖い……。

事件の背景を知ることは大切

この本には他にも様々な死刑囚が7人登場します

どの死刑囚も実際に面会し、文通した「リアル」な話ばかり。

凶悪事件の背景を知ると、今まで知らなかった真実に出会えるかも知れませんよ。

マンガ「獄中面会物語」】を読んで、凶悪事件の背景を見つめてみてはいかがでしょうか?

ここからAmazonへ!

ISE-BOOK NEWS

ISE-BOOK NEWS一覧